J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

生産研究
Vol. 64 (2012) No. 4 p. 505-508

記事言語:

http://doi.org/10.11188/seisankenkyu.64.505

研究速報

本調査研究は日本で先行的に蓄積される自然災害対策の知見や教訓, 情報通信分野での先端技術を活かし, 急変するアジア各国の現状とニーズに沿ったローカライゼーションを行うことで, 各国政府・自治体の支援が期待できない地域コミュニティレベルでの災害対応力向上を支援する情報伝達システムの設計を目指している. 筆者らは日本とタイ王国の2国間共同プロジェクトとして, 地球規模課題対応国際科学技術協力事業(SATREPS) 特定型課題形成調査【若手FS】の支援を受けて, 2011年11月~2012年3月に共同調査を実施した. 本稿はその全体像を概括する.[本要旨はPDFには含まれない]

Copyright © 2012 東京大学生産技術研究所

記事ツール

この記事を共有