生産研究
Online ISSN : 1881-2058
Print ISSN : 0037-105X
研究速報
位相モデルを用いた東日本送電網における周波数同期の解析
永田 基樹藤原 直哉西川 功田中 剛平鈴木 秀幸合原 一幸
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 65 巻 3 号 p. 295-299

詳細
抄録

東日本大震災以降,電力の安定供給は重要な課題として注目を集めている.
安定性の理解のためには数理モデルの解析が必要であるが,詳細なモデルは数理的な解析が容易ではないため,現象の本質を抽出した簡潔なモデルが必要である.本研究では,東日本の送電網の接続関係を用いて,周波数同期のダイナミクスを位相モデルによって記述した.本モデルにおいて,安定供給のためには同期した定常状態の実現が必要であるが,そのための結合強度の閾値を求めた.また,周波数同期に寄与している送電線を特定し,同期への寄与の大きさについて考察した.

著者関連情報
© 2013 東京大学生産技術研究所
前の記事 次の記事
feedback
Top