生産研究
Online ISSN : 1881-2058
Print ISSN : 0037-105X
ISSN-L : 0037-105X
調査報告
東京都における気温上昇と犯罪件数増加の関係
野村 実広村上 道夫小野 雄也
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 69 巻 3 号 p. 171-175

詳細
抄録

近年,気候変動と犯罪の関連への懸念が増している.本研究では,1967 年から2011 年までの東京都における気温と犯罪件数の関係を調査した.強姦と猥褻が夏季に多いことが判明した.強姦と猥褻の月別犯罪件数比(当該年における1 カ月あたりの平均件数に対する当該月の犯罪件数の比)は,それぞれ冬季,夏季に平均気温の上昇とともに有意に上昇した.気温の上昇は強姦と猥褻のリスクの増加をもたらす可能性があることが示唆された.

著者関連情報
© 2017 東京大学生産技術研究所
前の記事
feedback
Top