生産研究
Online ISSN : 1881-2058
Print ISSN : 0037-105X
研究速報
陽極酸化処理によるナノ構造を利用した金属-樹脂直接接合
門屋 祥太郎木村 文信梶原 優介
著者情報
ジャーナル フリー

69 巻 (2017) 6 号 p. 419-422

詳細
PDFをダウンロード (1403K) 発行機関連絡先
抄録

本研究では,金属表面の微細構造を利用した金属- 樹脂直接接合技術に関して,表面粗化手法として陽極酸化処理を用いて,その接合性の検証や,処理条件と接合強度の関係について調査した.陽極酸化処理条件として処理電圧やエッチング時間などを制御し,20 ~ 300 nm 程度の孔構造を作製し,樹脂との接合実験を行った.各サイズの孔構造を持つ金属試験片と樹脂との間で,10 MPa 以上のせん断強度を持つ直接接合が形成された.また表面処理条件の比較から,表面の孔構造のアスペクト比が接合強度に影響を与えることを示唆する結果が得られた.

著者関連情報
© 2017 東京大学生産技術研究所
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top