日本生態学会誌
Online ISSN : 2424-127X
Print ISSN : 0021-5007
ISSN-L : 0021-5007
総説
Convergent cross mappingの紹介 : 生態学における時系列間の因果関係推定法
中山 新一朗阿部 真人岡村 寛
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 65 巻 3 号 p. 241-253

詳細
抄録

生態学者はしばしば、複数の時系列データからそれらの間に存在する因果関係を推定する必要に迫られる。しかし、生物学的事象は決定論的かつ非線形で複雑な過程を背景に持つのが一般的であり、そのような応答から生じた時系列データ間の因果関係を推定するのは非常に困難である。本稿では、このような状況において有効である因果関係推定法であるConvergent cross mappingについて、その仕組み、使い方、将来の課題等を解説する。

著者関連情報
© 2015 一般社団法人 日本生態学会
前の記事 次の記事
feedback
Top