日本生態学会誌
Online ISSN : 2424-127X
Print ISSN : 0021-5007
ISSN-L : 0021-5007
特集4 高等植物の道管流・師管流の計測技術と生態学における研究展開
炭素安定同位体パルスラベリングを用いて樹木の師液流を測定する
檀浦 正子種子田 春彦小林 剛
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2016 年 66 巻 2 号 p. 501-513

詳細
抄録

維管束植物の師部は、光合成生産物を植物体の各部位に輸送する通路であるだけでなく、生態系の炭素循環において炭素が大気から土壌への炭素の移動する際の重要な経路となっている。この師部における師液流を数値化するために有効な方法のひとつとして、炭素安定同位体パルスラベリングがある。これは、主にガス態の13Cを標識物質として、光合成によって炭素を植物体へ取り込ませ、その後の移動過程を追跡する手法である。本稿では、森林を構成する高木を主な対象として、このパルスラベリングの原理を解説し、師液流を評価するための方法を紹介する。また、樹木体内の師部を介した生態系における炭素移動メカニズムに係わる研究動向を解説し、今後の課題を考察する。

著者関連情報
© 2016 一般社団法人 日本生態学会
前の記事 次の記事
feedback
Top