繊維製品消費科学
Online ISSN : 1884-6599
Print ISSN : 0037-2072
被服関心の概念とその測定
―ギュレルの研究の追試―
神山 進
著者情報
ジャーナル フリー

24 巻 (1983) 1 号 p. 35-41

詳細
PDFをダウンロード (1044K) 発行機関連絡先
抄録

本研究は, 2つの目的を持っている.1つは, 被服関心の基本的次元を検証することによって, 被服関心として言及される被服行動の領域を明確化すること (ギュレルの研究に関する追試) であり, もう1つは, 我が国において使用可能な, 簡略版「被服関心度質問表」を試作することである.
得られた結果は, 次のとおりである.
(1) 被服関心に関して, I個性を高める, II心理的安定感を高める, III似合いの良さを探究する, IV同調を計る, V快適さを求める, VI理論づけを計る, W慎みを求める, VIII対人的外観を整える, の8つの被服関心次元を検証することができた.
(2) 48個の質問項目から, 上記8次元別に被服関心度を測定しうる, 簡略版「被服関心度質問表」を試作することができた.

著者関連情報
© 社団法人 日本繊維製品消費科学会
前の記事

閲覧履歴
feedback
Top