雪氷
Online ISSN : 1883-6267
Print ISSN : 0373-1006
湿潤積雪中における雪粒子と間隙水の同位体交換
橋本 重将周 石〓中尾 正義坂井 亜規子上田 豊石川 信敬成田 英器
著者情報
キーワード: 同位体分別, 雪粒子, 間隙水
ジャーナル フリー

64 巻 (2002) 2 号 p. 163-172

詳細
PDFをダウンロード (4768K) 発行機関連絡先
抄録

1998年2月から4月にかけて北海道母子里で積雪調査を実施し,そのうち融雪期の湿潤積雪層の同位体比の時間変化過程を調べた.調査では,湿潤積雪から層毎に,固相試料(雪粒子)と液相試料(間隙水)とを別々に採取した.観測期間中の降水と積雪下面からの流出水もあわせて採取した.それぞれの試料についての酸素,水素の同位体比を測定した.
その結果,雪粒子の同位体比は間隙水よりも大きい値をとった.その差は表面から下層にいくほど増加する傾向が認められた.また,雪粒子,間隙水ともその同位体比は時間とともに大きくなる結果を得た.これらの結果を解析したところ,積雪表面で融解してできた間隙水の流下が,雪粒子の同位体比の変化に大きな影響をもたらす事が示唆された.

著者関連情報
© 公益社団法人 日本雪氷学会
次の記事

閲覧履歴
feedback
Top