雪氷
Online ISSN : 1883-6267
Print ISSN : 0373-1006
ISSN-L : 0373-1006
平成18年豪雪における北陸地方の被害
前田 博司
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 69 巻 1 号 p. 3-8

詳細
抄録

平成17年12月から平成18年2月にかけて,富山・石川・福井の北陸3県において発生した豪雪による被害について調査し,その要因と背景となった高齢者問題を検討した.この地域では,人的被害は死者24人・重傷91人・軽傷197人,住家被害は全壊2棟・半壊4棟・一部破損65棟・床上浸水1棟・床下浸水14棟,非住家被害は公共施設2棟・その他98棟であった.被害を受けた建物はすべて木造であり,この地方の木造建物の耐雪性が検討された.死者の内に占める高齢者の割合は67%に達し,その多くは屋根雪下ろしなどの除雪作業中に死亡したものであった.この背景には多雪地における社会の急速な高齢化があり,高齢者のみの世帯の屋根雪下ろし等に対する支援が今後の課題である.

著者関連情報
© 公益社団法人 日本雪氷学会
次の記事
feedback
Top