日本歯科保存学雑誌
Online ISSN : 2188-0808
Print ISSN : 0387-2343
ISSN-L : 0387-2343
原著
鏡面研磨された各種コンポジットレジンの表面性状の評価とアルカリ環境下における変化
岸本 崇史
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 58 巻 6 号 p. 482-495

詳細
抄録

 目的 : 最新のフィラー技術が導入された種々のコンポジットレジンの鏡面研磨面を総合的に評価することを目的として, それらの表面粗さ, 光沢度, 変色および接触角などの関連性を検討するとともに, アルカリ環境下における劣化試験を行い, フィラーとマトリックスレジンの接合状態の変化の様相を比較検討した.
 材料と方法 : 供試レジンはClearfil AP-X (AP), Estelite Σ Quick (EQ), Clearfil Majesty ES-2 (ES), MI Gracefil (GF), Filtek Supreme Ultra (FS), Clearfil Majesty ES Flow (ESf) およびMI Fil (MF) の7種で, 各レジンブロック試料 (縦20mm×横10mm×高さ4mm) 上に鏡面研磨面 (0.3μm) を調製し (n=5), それらの面の表面粗さ (Ra), 光沢度 (%), 変色 (ΔE*ab) および接触角 (θ) を比較検討した (Tukey HSDテスト, Pearsonの相関係数検定, α=0.05). 次いで, 鏡面研磨面を有するレジンブロックを0.1規定のNaOH水溶液 (60°C, pH 12.7) に3日間浸漬し, 水洗乾燥後レジン表面を観察した (SEM). その後各試料を樹脂包埋し, 長軸方向中央で半切後, 鏡面研磨した切断面を劣化の様相を中心に観察した (SEM).
 結果 : EQ, MFの表面粗さはES, FSに比し有意に低く, またほかのいずれのレジンに比べても, APの光沢度は低く, FSの変色の程度は高かった (p<0.05). 表面粗さと光沢度, および表面粗さと変色との間に相関を認めた (p<0.05). アルカリ環境下における劣化試験の結果では, フィラーとマトリックスレジンの剝離およびフィラーの脱落が観察され, その様相はレジンの種類により異なっていた.
 結論 : 各種コンポジットレジンにおいて, 鏡面研磨面の性状ならびにアルカリ環境下における劣化の様相は, フィラーの種類, 粒径, あるいは粒度分布などが密接に関連していることが示唆された.

著者関連情報
© 2015 特定非営利活動法人日本歯科保存学会
前の記事 次の記事
feedback
Top