色材協会誌
Online ISSN : 1883-2199
Print ISSN : 0010-180X
技術論文
オレンジラフィー油の化粧品用オイルとしての性能解析
清水 太基平野 諒韓 力山之内 智柴田 雅史
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 90 巻 8 号 p. 268-274

詳細
抄録

高度精製オレンジラフィー油(Orange roughy oil)は高級脂肪酸と高級アルコールのエステルからなる海洋性天然ワックスエステルであり,性状としては化粧品の代表的な植物性天然ワックスエステルであるホホバ油(Jojoba oil)ときわめて類似していることが知られている。今回,オレンジラフィー油とホホバ油との化粧品素材としての性能差を検討した。

基本的な物理的性質として,オレンジラフィー油は,ホホバ油よりも粘度が低く,極性が高く,表面張力が低かった。しかし,それらの違いは,皮膚に適用したときの感触の違いが検出できない程度であった。一方,化粧品に配合すると,製品の特性の差がより顕著になった。ミツロウを用いた油性ゲルは,オレンジラフィー油のほうがより柔らかい質感をもたらし,またオレンジラフィー油を含むリポソーム分散液は,唇からの水分蒸散をより効率的に抑制した。さらに,O/W型乳液では,皮膚への広がり性に優れており,軽くて滑らかな塗布感触の乳液が得られた。

著者関連情報
© 2017 一般社団法人 色材協会
前の記事 次の記事
feedback
Top