J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

食品衛生学雑誌
Vol. 41 (2000) No. 3 P 200-205

記事言語:

http://doi.org/10.3358/shokueishi.41.200

ノート

コンビニエンスストアなどで使用されている使い捨て弁当容器に含まれているスチレンダイマー及びトリマーなどについて, 材質試験, サラダ油を使用した溶出試験を行い, GC/MSを用いて定量した. 電子レンジ加熱により, ポリスチレン製のふた及び本体からスチレン, スチレンダイマー及びトリマーの溶出が認められ, 180秒加熱・10分放置後では, それぞれ不検出~10.5ng/cm2, 0.3~8.8ng/cm2, 0.2~1,070ng/cm2であった. また, BHTはすべての容器本体から溶出が認められ, 同条件下で4.7~973ng/cm2であった.

Copyright © 2000 公益社団法人 日本食品衛生学会

記事ツール

この記事を共有