J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

食品衛生学雑誌
Vol. 41 (2000) No. 3 P 206-211

記事言語:

http://doi.org/10.3358/shokueishi.41.206

ノート

各種果実中のエラグ酸について, メタノール還流抽出, Sep-Pak® Plus tC18カートリッジにより精製後, フォトダイオードアレイ検出器を用いたHPLCによる簡便かつ迅速な分析法を検討した. いちご, パイナップル, ラズベリーについて, それぞれエラグ酸各25, 50μg/gずつ添加したときの回収率は90.1~98.3%で, 定量限界は0.05μg/gであった. エラグ酸の同定には, フォトダイオードアレイ検出器によるUV吸収スペクトルを用いた. また本法を用いて, 市販生鮮果実及び果実加工品中におけるエラグ酸含有量について調査した結果, 同化合物はいちご, ラズベリーなどのベリー類に含まれ, 中でもブラックベリーが最も高い含有量 (87.66μg/g) を示した. また, パイナップル, フェイジョア, やまももについても今回新たにエラグ酸の含有を認めた.

Copyright © 2000 公益社団法人 日本食品衛生学会

記事ツール

この記事を共有