食品衛生学雑誌
Online ISSN : 1882-1006
Print ISSN : 0015-6426
ノート
HPLCによる食品中のスクラロースの分析法
小林 千種中里 光男山嶋 裕季子大野 郁子河野 美幸安田 和男
著者情報
ジャーナル フリー

2001 年 42 巻 2 号 p. 139-143

詳細
抄録

RI-HPLC及びパルスドアンペロメトリック検出イオンクロマトグラフィー(PAD-IC)による広範囲の食品に適応可能なスクラロースの分析法を作成した.試料に 10% NaCl 含有 0.01 mol/L HCl を混和して透析膜に充てんし,0.01 mol/L HCl を透析外液として用い,24時間透析を行った.透析外液を Bond Elut ENV カートリッジに負荷して濃縮及びクリーンアップを行い,試験溶液を作製した.従来の前処理方法と比較して夾雑物の影響がなく,RI-HPLC及びPAD-ICの両分析法に適用することができた.両分析法のスクラロースの定量値はほぼ一致した.試料からの添加回収率は 88% 以上得られ,定量下限は前者で10 μg/g,後者で1 μg/g であった.

著者関連情報
© 2001 公益社団法人 日本食品衛生学会
前の記事 次の記事
feedback
Top