食品衛生学雑誌
Online ISSN : 1882-1006
Print ISSN : 0015-6426
ノート
RAPD法を用いたアロエの判別
塩田 寛子佐藤 かな子長井 二三子大久保 智子瀬戸 隆子浜野 朋子上村 尚加納 いつ
著者情報
キーワード: アロエ, RAPD法
ジャーナル フリー

44 巻 (2003) 4 号 p. 203-207

詳細
PDFをダウンロード (1008K) 発行機関連絡先
抄録

アロエ属植物は,医薬品や民間薬のほか,食品にも用いられている.しかし,アロエ種および部位により,食品として使用することは,禁じられているため,食品の原料として使用されているアロエ種を判別する必要がある.そこで,生育時における外的要因の影響を受けない DNA を分析対象とした random amplified polymorphic DNA (RAPD) 法を種の判別方法として用いた.部位により食品利用が禁止されているAloe vera, A. ferox, A. africana および全葉を食品に利用することが許可されているA. arborescens の4種新鮮葉についての判別を試みた.5種類の10merプライマーを用いたPCRの結果を総合的に解析し,4種を判別できることが明らかになった.本法の加工食品における有用性について報告する.

著者関連情報
© 2003 公益社団法人 日本食品衛生学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top