食品衛生学雑誌
調査・資料
ジャガイモ中のα-ソラニン,α-チャコニンの含有量および貯蔵中の経時変化
新藤 哲也牛山 博文観 公子安田 和男斉藤 和夫
著者情報
ジャーナル フリー

45 巻 (2004) 5 号 p. 277-282

詳細
PDFをダウンロード (727K) 発行機関連絡先
抄録

5種の市販ジャガイモ(メークイン,男爵,ワセシロ,レッド,パープル)中のα-ソラニンとα-チャコニンを衛生試験法に基づいて抽出,固相抽出カラムによるクリーンアップを行い,C18カラムを用いてHPLCにより分析を行った.回収率はα-ソラニンおよびα-チャコニンともに 96% と良好であり,本法における定量限界は試料1 g当たりいずれも2μgであった.ジャガイモの皮層部中のα-ソラニンとα-チャコニンはすべての試料で検出され,それらの含有量はメークイン,男爵,レッド,パープル,ワセシロの順で多かった.ジャガイモの髄質部中のα-ソラニンとα-チャコニンはメークインおよび男爵のみから検出され,その含有量はいずれも皮層部の1/10以下であった.ジャガイモを90日間室温暗所で貯蔵した場合のα-ソラニンとα-チャコニン含有量は多少の増減はあったものの5種のジャガイモのいずれの部位においても顕著な増加傾向は見られなかった.

著者関連情報
© 2004 公益社団法人 日本食品衛生学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top