食品衛生学雑誌
Online ISSN : 1882-1006
Print ISSN : 0015-6426
ISSN-L : 0015-6426
調査・資料
輸入穀類加工品中の残留農薬実態(1994年4月~2006年3月)
小林 麻紀高野 伊知郎田村 康宏富澤 早苗立石 恭也酒井 奈穂子上條 恭子井部 明広永山 敏廣
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 49 巻 3 号 p. 249-260

詳細
抄録

1994年4月から2006年3月にかけて東京都内で市販されていた輸入穀類加工品490検体について農薬の残留調査を行った.その結果,91検体から8種類の有機リン系農薬(クロルピリホス,クロルピリホスメチル,ジクロルボス(DDVP),ダイアジノン,エトリムホス,マラチオン,フェニトロチオン(MEP)およびピリミホスメチル) が痕跡値(0.01 ppm未満)~0.82 ppmの範囲で検出された.検出された農薬のうちクロルピリホスメチルおよびマラチオンはアメリカ地域産の製品から,ピリミホスメチルはヨーロッパ地域産の製品から,MEPはオセアニア地域産の製品からの検出例が多く,地域により違いが見られた.農薬を検出した穀類加工品について,各農薬の推定摂取量を算出したところ,各ADI値の0.08~13.2%であった.このことから通常の喫食状況で特に問題はないと考えられた.

著者関連情報
© 2008 公益社団法人 日本食品衛生学会
前の記事
feedback
Top