J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

食品衛生学雑誌
Vol. 50 (2009) No. 5 P 256-260

記事言語:

http://doi.org/10.3358/shokueishi.50.256

調査・資料

着色を目的とした既存添加物中の有害重金属である鉛,カドミウム,水銀およびヒ素の汚染実態を調査したところ,15品目40試料中8試料から何らかの有害元素が検出された.その内訳は,鉛が1試料(2.8 μg/g),水銀が8試料(0.1~3.4 μg/g),ヒ素が2試料(1.7,2.6 μg/g)であった.EUやJECFAの規格と比較したところ,ラック色素1試料からJECFAで食品添加物一般の提案値である2 μg/gを超える2.8 μg/gの鉛が,カカオ色素3試料からEUの規格値である1 μg/gを超える1.2~3.4 μg/gの水銀が検出された.

Copyright © 2009 公益社団法人 日本食品衛生学会

記事ツール

この記事を共有