食品衛生学雑誌
Online ISSN : 1882-1006
Print ISSN : 0015-6426
調査・資料
わが国における自然毒による食中毒事例の傾向(平成元年~22年)
登田 美桜畝山 智香子豊福 肇森川 馨
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 53 巻 2 号 p. 105-120

詳細
抄録

自然毒による食中毒発生リスクを効率的に低減させるためには,過去の発生状況およびリスク因子等に基づく重点的なリスク管理が必要である.本研究では,厚生労働省監修の全国食中毒事件録(平成元年~22年版)の自然毒食中毒事例を基に,わが国における中毒発生の傾向を検討した.平成元年以降の22年間を通じて自然毒食中毒の発生件数に経年的な減少傾向は見られず,発生を低減するために予防のための継続的な取り組みが必要であると考えられた.動物性および植物性いずれの自然毒においても主な原因施設は「家庭」であり,食中毒の発生状況および予防策,対応等について消費者向けの広い啓蒙・広報が重要である.また,食品の国際的な流通拡大や地球温暖化による海水温の上昇に伴い,これまで国内で食中毒が発生していない自然毒への対策も重要である.

著者関連情報
© 2012 公益社団法人 日本食品衛生学会
前の記事 次の記事
feedback
Top