食品衛生学雑誌
Online ISSN : 1882-1006
Print ISSN : 0015-6426
ISSN-L : 0015-6426
調査・資料
輸入スパイスおよびハーブ中の残留農薬実態(1997年4月~2011年3月)
小林 麻紀大塚 健治田村 康宏富澤 早苗木下 輝昭上條 恭子岩越 景子佐藤 千鶴子永山 敏廣高野 伊知郎
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 54 巻 4 号 p. 316-325

詳細
抄録

1997年4月から2011年3月にかけて東京都内で市販されていた輸入スパイスおよびハーブ313検体について農薬の残留調査を行った.その結果,64検体から37種類の有機リン系農薬,有機塩素系農薬,ピレスロイド系農薬,カーバメート系農薬などが痕跡値(0.01 ppm未満)~3.3 ppmの範囲で検出された.検出率は,果皮(100%),茎(66.7%),果実(34.5%),樹皮(33.3%),花(31.3%),葉(14.7%)の順に高かった.根,種子および全草からは検出されなかった.検出されたいずれの植物部位からも有機塩素系農薬が,いずれの原産地域からも殺虫剤が検出され,使用頻度の高いことが示唆された.農薬が検出された輸入スパイスおよびハーブを喫食した場合の農薬の推定摂取量を算出し,ADIと比較したところ,いずれも各農薬のADIの1%未満であり,通常の喫食による健康影響はないものと考えられた.

著者関連情報
© 2013 公益社団法人 日本食品衛生学会
前の記事 次の記事
feedback
Top