食品衛生学雑誌
Online ISSN : 1882-1006
Print ISSN : 0015-6426
ISSN-L : 0015-6426
市販食品における有毒糸状菌の増殖と毒素産生性について
一言 広諸角 聖和宇慶 朝昭坂井 千三倉田 浩
著者情報
ジャーナル フリー

1978 年 19 巻 3 号 p. 266-272_1

詳細
抄録

市販乾燥食品27品目を対象として, それらの mycotoxin 自然汚染の危険性をは握する目的で各食品に4種の mycotoxin 産生菌を接種し, カビの発育と毒素産生の有無を検討した. その結果, 乾燥芋およびサラミソーセージは市販のままの状態においても aflatoxin, ochratoxin A および sterigmatocystin により, 干し柿は sterigmatocystin によりそれぞれ汚染されやすい食品であることが分かった. しかし, こしょう, 炒りコーヒー豆およびシナモンは過剰な水分を添加した場合にも mycotoxin 汚染を受けにくいことが分かった. その他の食品は水分含量の程度によって, いずれかの mycotoxin による汚染を受ける危険性のあることが示唆された.

著者関連情報
© 社団法人 日本食品衛生学会
前の記事 次の記事
feedback
Top