食品衛生学雑誌
Online ISSN : 1882-1006
Print ISSN : 0015-6426
ISSN-L : 0015-6426
ブロイラー鶏から分離されるサルモネラ菌と大腸菌の薬剤耐性とRプラスミド
1974年度と1978年度の比較
田川 清
著者情報
ジャーナル フリー

1981 年 22 巻 1 号 p. 1-7_1

詳細
抄録

1974年度と1978年度にブロイラー鶏からサルモネラ菌および大腸菌を分離し, 薬剤耐性を比較検討した. 74年度にはサルモネラ菌の98%, 大腸菌の全菌株が供試薬剤のいずれかに耐性であり, 78年度にはサルモネラ菌の75%, 大腸菌の98.1%の菌株が耐性であった. サルモネラ菌の個々の薬剤に対する耐性菌の割合 (%) は次の如くである (かっこ内は78年度の数値). TC66 (17), SM43 (16), SA84 (59), CM13 (0), KM15 (38), APC10 (8), CER14 (11), GM3 (3), FT90 (37), NA2 (0). 大腸菌のそれは, TC93.3 (85.3), SM69.8 (65.7), SA86.4 (89.4), CM35.4 (25.7), KM47.0 (52.8), APC7.4 (22.2), CER5.7 (19.0), GM3.6 (0.9), FT93.8 (77.3), NA1.0 (0.7) であった. これらのことから改正法 (75年改正) による飼料添加薬剤等の規制の効果をわずかながら認めることができた. しかし大腸菌にKM, APC耐性菌の増加とRプラスミド保有菌の増加がみられたことは, 耐性菌の普遍化防止に対して困難な問題を提起している.

著者関連情報
© 社団法人 日本食品衛生学会
次の記事
feedback
Top