食品衛生学雑誌
Online ISSN : 1882-1006
Print ISSN : 0015-6426
ISSN-L : 0015-6426
魚介類中ジフェニルエーテル系除草剤の分析法
食品中に残留するジフェニルエーテル系除草剤の研究 (第2報)
石川 潔鈴木 滋佐藤 信俊高槻 圭悟堺 敬一
著者情報
ジャーナル フリー

1981 年 22 巻 1 号 p. 56-59_1

詳細
抄録

魚介類に残留するジフェニルエーテル系除草剤の分析法として硝酸銀フロリジルカラムを用いる精製法について検討した. アセトニトリルで3回抽出し, 水を加えた後n-ヘキサンで再抽出する. n-ヘキサン層は, 濃縮後硝酸銀フロリジルカラムに負荷し, 2%酢酸エチル/n-ヘキサンで溶出する. 溶離液を濃縮後, ECD/GCで定量する. NIP, CNP, chlomethoxynil, TCNPの平均回収率は, それぞれ98%, 97%, 91%, 95%であった. この方法は操作が簡便であり, また有機塩素系農薬の同時分析も可能である.

著者関連情報
© 社団法人 日本食品衛生学会
前の記事 次の記事
feedback
Top