食品衛生学雑誌
Online ISSN : 1882-1006
Print ISSN : 0015-6426
ISSN-L : 0015-6426
Selected Ion Monitoring (SIM) 法によるクロルデン類の残留分析法
宮崎 奉之山岸 達典松本 昌雄
著者情報
ジャーナル フリー

1985 年 26 巻 4 号 p. 371-379_1

詳細
抄録

有機塩素系農薬の分析法とGC/MSを用いたSIM法を組合せて, クロルデン類 (計19化合物) の残留分析法について検討した. 試料からの抽出液をヘキサン-アセトニトリル分配, フロリジルカラムクロマトグラフィーでクリーンアップ後, SIM法でクロルデン類を測定した. SIMに用いるGCカラムは1%OV-210+1%OV-275及び2%OV-210カラムが良好であり, 測定に用いる質量数は主にM-Clの同位体イオンである. 本分析法を用いて実際の試料 (魚介類) に応用したところ, 良好なクロマトグラムが得られた. そして, 水, 魚介類, 牛肉, 牛乳に対して添加した (3.13ppt~50ppb) クロルデン類の回収率は76~102%であった.

著者関連情報
© 社団法人 日本食品衛生学会
前の記事 次の記事
feedback
Top