食品衛生学雑誌
Online ISSN : 1882-1006
Print ISSN : 0015-6426
ISSN-L : 0015-6426
クロレラ中のフェオフォルバイド量の保存条件による変化
石原 祐治山浦 由郎宮川 あし子前沢 久
著者情報
ジャーナル フリー

1988 年 29 巻 6 号 p. 423-426_1

詳細
抄録

クロロフィラーゼ (CHL) 活性度の異なる3種のクロレラ錠を用いて温度, 湿度及び光などの条件を変えて一定期間保存しそれぞれのフェオフォルバイド (PB) 生成量に及ぼす影響を検討した. 高温高湿 (30°, 75%) の条件下ではPB量は30日間で2~10倍増加し, その増加速度は保存当初CHL活性度が高いものほど大きかった. それぞれの保存条件について検討した結果, 湿度と温度は保存中のPB量の増加に大きく影響を及ぼした. 一方, 光はそれほど影響しなかった.

著者関連情報
© 社団法人 日本食品衛生学会
前の記事 次の記事
feedback
Top