食品衛生学雑誌
Online ISSN : 1882-1006
Print ISSN : 0015-6426
ISSN-L : 0015-6426
巻貝ボウシュウボラの消化管内細菌によるフグ毒の産生
成田 弘子三輪 憲永赤羽 荘資増元 英人水野 秀二野口 玉雄志田 保夫橋本 周久
著者情報
ジャーナル フリー

1989 年 30 巻 6 号 p. 518-521_1

詳細
抄録

フグ毒テトロドトキシン (TTX) 保有生物の毒化機構を明らかにする目的で, 駿河湾内2か所より有毒ボウシュウボラを採取し, その消化管より細菌を分離し, 主な菌株のTTX産性能をHPLC, GC/MS分析などにより調べた. その結果, Vibrio, Pseudomonas, Acinetobacter, Citrobacter などに属するいくつかの菌株にTTX産性能が認められた.

著者関連情報
© 社団法人 日本食品衛生学会
前の記事 次の記事
feedback
Top