J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

食品衛生学雑誌
Vol. 33 (1992) No. 3 P 310-313_1

記事言語:

http://doi.org/10.3358/shokueishi.33.310


市販いわし糠漬け20試料について, 不揮発性アミン含量の実態を明らかにし, さらに水分, pH, NaCl, VBNについても同時に測定した. 水分, pH, NaCl, VBNの平均値及び標準偏差値は, それぞれ43.9±4.3%, 5.28±0.13, 12.2±2.4%, 57.4±25.1mg/100gであった. 糠漬け中の不揮発性アミン量の平均値及び標準偏差値は, プトレシン (Put) 74.3±121.0μg/g, カダベリン (Cad) 7.8±7.5μg/g, ヒスタミン (Hm) 368.3±421.6μg/g, チラミン (Tym) 213.3±271.1μg/g, スペルミジン (Spd) 4.3±6.5μg/gであり, HmとTymの含量の高い試料が多かった. VBNが80mg/100g以上の試料では, Putを100μg/g以上, Hmを500μg/g以上, Tymを400μg/g以上含むものが多く, VBNが40mg/100g以下の試料では, 不揮発性アミン含量の低いものが多かった.

Copyright © 社団法人 日本食品衛生学会

記事ツール

この記事を共有