食品衛生学雑誌
Online ISSN : 1882-1006
Print ISSN : 0015-6426
ISSN-L : 0015-6426
生鮮食品及び加工食品中の天然由来の亜硫酸含有量
辻 澄子藤原 香里柿内 雅柴田 正内堀(長谷) 幸子古山 みゆき兼田 登尾田 美子藤原 一也鈴木 宏伊藤 誉志男
著者情報
ジャーナル フリー

1993 年 34 巻 4 号 p. 303-313_1

詳細
抄録

生鮮及び加工食品合計213種類 (864検体) について, 呈色陽性物質を除去して亜硫酸量 (SO2として) を算出する改良ランキン-比色法を用いて, 亜硫酸の天然由来含有量を測定した. 生鮮食品中の亜硫酸の天然由来含有量が多いものの大部分は含硫化合物を含有する食品であり, 10mg/kg以上含んでいるものはワケギ, 小玉ネギ, 白ネギ, 青ネギ, 玉ネギであった. それ以外のものは, いずれも5.0mg/kg以下であった. 加工食品中の亜硫酸の天然由来含有量は生鮮食品に比べて低く, すべて10mg/kg以下であった.

著者関連情報
© 社団法人 日本食品衛生学会
前の記事 次の記事
feedback
Top