食品衛生学雑誌
Online ISSN : 1882-1006
Print ISSN : 0015-6426
ツキヨタケの胃腸管毒性及び塩蔵による減毒
笠原 義正板垣 昭浩久間木 國男片桐 進
著者情報
ジャーナル フリー

37 巻 (1996) 1 号 p. 1-7_1

詳細
PDFをダウンロード (766K) 発行機関連絡先
抄録

毒茸のツキヨタケをマウスに投与したときの消化器系に与える影響を検討し, 塩蔵による毒抜き操作の有効性を調べた. その結果, 餌摂取量の減少, 体重の減少, 胃の膨満, 便重量の減少などの異常な状態はツキヨタケを塩蔵後塩抜きすることによって消失することが分った. また, 胃を膨満させる毒性物質として illudin S を単離した. 更に, この物質がツキヨタケの中毒症状の一つである嘔吐の原因物質であることもカエルを用いた動物実験により明らかにした.

著者関連情報
© 社団法人 日本食品衛生学会
次の記事

閲覧履歴
feedback
Top