食品衛生学雑誌
Online ISSN : 1882-1006
Print ISSN : 0015-6426
イカ塩辛中のヒスタミン量とその関連細菌フローラ
佐藤 常雄溝井 理子木村 凡藤井 建夫
著者情報
ジャーナル フリー

1996 年 37 巻 4 号 p. 173-178_1

詳細
抄録

イカ塩辛白作り (1試料) 及び赤作り (2試料, A, B) を試作し, その熟成中のヒスタミン (Hm) 量, Hm生成菌数及びHm分解菌数の消長を調べた. その結果, イカ塩辛熟成中のHm蓄積量は白作りで0.2~5.4mg/100g, 赤作りで0~1.0mg/100gと両者とも微量であった. また, Hm生成菌は赤作りAの熟成7日目にのみ確認されたが, その数も少なく3.0×101/gであった. Hm分解菌については, 白作り及び赤作りAともに熟成初期に確認されたが, その数は102/g程度とHm生成菌と同様に少なかった. Hm生成菌として Acinetobacter をイカ塩辛より分離したが, この細菌は今までにHm生成の報告のないものであった. またこの属の細菌は, イカ塩辛中に存在するHm分解菌としても数多く検出された.

著者関連情報
© 社団法人 日本食品衛生学会
前の記事 次の記事
feedback
Top