食品衛生学雑誌
Online ISSN : 1882-1006
Print ISSN : 0015-6426
TLC及びHPLCによる食品中のアリテームの分析
天川 映子鎌田 国広斎藤 和夫鈴木 助治
著者情報
ジャーナル フリー

1999 年 40 巻 4 号 p. 304-308_1

詳細
抄録

TLC及びHPLCを用いた食品中のアリテームの分析法を検討した. アリテームは水-アセトニトリル (8:2) 混液で食品から抽出した. 糖分の多い試料の場合は, DEAE-セファデックスカラムを用いたクリーンアップが必要であった. TLCでアリテームが検出された場合は, HPLCにより定量した. TLC条件: TLCプレート, RP-18F254S (5×10cm); 展開溶媒, 0.02mol/Lリン酸二水素カリウム溶液 (pH 4.6)-メタノール (4:6) 混液; 発色液, 0.3%ニンヒドリン溶液. HPLC条件: カラム, Lichrosorb RP-18-5; 移動相, 0.02mol/Lリン酸二水素カリウム溶液 (pH 4.6)-アセトニトリル (8:2) 混液; 検出波長, 210nm; カラム温度, 45℃; 流速1.0mL/min; 注入量, 10μL. 市販食品での回収率は99.0~104.2%, 検出限界は20μg/gであった.

著者関連情報
© 社団法人 日本食品衛生学会
前の記事 次の記事
feedback
Top