食品衛生学雑誌
Online ISSN : 1882-1006
Print ISSN : 0015-6426
ISSN-L : 0015-6426
バングラデシュ産カブトガニ Carcinoscorpius rotundicauda における毒成分としての Tetrodotoxin の検出
Mohosena Begum TANU野口 玉雄
著者情報
ジャーナル フリー

1999 年 40 巻 6 号 p. 426-430_1

詳細
抄録

1998年12月にバングラデシュで採集されたカブトガニ Carcinoscorpius rotundicauda の毒性とその毒成分を調べた. 卵巣, 精巣, 内臓に毒性が認められたが, その毒力はすべて10MU/g以下であった (卵巣において最高値7.4MU/g). 抽出した毒を限外ろ過並びに活性炭, Bio-Gel P-2, Bio-Rex70のクロマトグラフィーにより精製した. 部分精製毒をHPLC, TLC, 電気泳動, 1H-NMRで分析した結果, カブトガニの毒はテトロドトキシン (TTX) であることが明らかになった. これはバングラデシュ産カブトガニの毒性及び毒成分に関する初めての報告である.

著者関連情報
© 社団法人 日本食品衛生学会
前の記事 次の記事
feedback
Top