小児耳鼻咽喉科
Online ISSN : 2186-5957
Print ISSN : 0919-5858
シンポジウム 1—小児胃食道逆流症をめぐって
小児の胃食道逆流症に対する診断・治療方針と治療経験
漆原 直人矢野 正幸
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 35 巻 3 号 p. 207-211

詳細
抄録

  小児の胃食道逆流症の当科での診断手順,治療方針と外科的治療経験などについて報告した。当科では外科治療として腹腔鏡下の Toupet 法による噴門形成術を標準術式としており2000–2013年までに Toupet 噴門形成術が151例(腹腔鏡122例,開腹29例)に施行された。脳性麻痺など神経筋疾患に伴うものが121例と最も多く,食道閉鎖や横隔膜ヘルニアなどの術後10例,食道裂孔ヘルニア10例で,合併疾患のない正常児は 5 例であった。合併疾患のない 5 例は,高度食道炎と食道狭窄 4 例と反復性中耳炎・咽喉頭炎 1 例であった。最近,胃食道逆流症が難治性中耳炎,咽喉頭炎などの原因になるとの報告がみられるようになった。しかし中耳炎,咽喉頭炎など耳鼻科領域の疾患と GER の関係については,症例も少なく,また小児外科医への認知度も低いことから,今後の検討が必要と思われる。

著者関連情報
© 2014 日本小児耳鼻咽喉科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top