小児耳鼻咽喉科
Online ISSN : 2186-5957
Print ISSN : 0919-5858
当科における小児甲状腺癌の検討
清水 直樹家根 旦有岡本 英之細井 裕司
著者情報
キーワード: 小児, 甲状腺癌
ジャーナル フリー

29 巻 (2008) 1 号 p. 29-32

詳細
PDFをダウンロード (1608K) 発行機関連絡先
抄録

奈良県立医科大学耳鼻咽喉科では1990年から2006年の過去17年間に7例の小児甲状腺癌を経験した.これは当科で手術を施行した甲状腺悪性腫瘍全体の1.6%に相当する.性別は男性3例,女性4例で,年齢は8~16歳,平均年齢は11.6歳であった.病理組織型は,乳頭癌6例,濾胞癌1例と,成人同様乳頭癌が多く認められた.乳頭癌のうち,びまん性硬化型乳頭癌と診断した症例が1例,充実濾胞型の増殖を示した症例が1例あった.また全例に頸部リンパ節転移を認めた.甲状腺全摘術を施行した2症例は,術後一時的に気管切開を要した進行例であった.肺転移が認められた症例が3例あり,そのうち2例に衛後アイソトープ治療を施行した.小児甲状腺癌の予後は成人と比較し良好であると報告されているが,初診時から周囲組織への高度浸潤を認める症例や,遠隔転移をきたすなど進行癌である場合も多く,治療方針の選択には十分注意する必要であると考えられた.

著者関連情報
© 日本小児耳鼻咽喉科学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top