Skin Cancer
Online ISSN : 1884-3549
Print ISSN : 0915-3535
ISSN-L : 0915-3535
ヌードマウス可移植性悪性黒色腫 (SK-14株) に対するLiblomycin (NK313) , Peplomycin (PEP) の抗腫瘍効果
小松 輝夫小出 勉石原 和之
著者情報
ジャーナル フリー

1990 年 5 巻 1 号 p. 249-260

詳細
抄録

ヌードマウス可移植性ヒト悪性黒色腫 (SK-14株) に対するLiblomycin (NK313) とPeplomycin (PEP) の単独投与した成績を比較検討した。
その結果, NK313およびPEPは共に腫瘍増殖を抑制し, 形態学的にも両者ともに同様の形態的変化を認めることができた。
腫瘍増殖抑制効果は, PEPよりもNK313の方がより著明であり, NK313が癌化学療法剤として臨床面で重要な役割を与えるものと考える。

著者関連情報
© 日本皮膚悪性腫瘍学会
前の記事
feedback
Top