Skin Cancer
Online ISSN : 1884-3549
Print ISSN : 0915-3535
ISSN-L : 0915-3535
乳房外Paget病の治療:特にマージンの幅と所属リンパ節郭清について
坂井 秀彰田中 武司高田 実谷口 滋広根 孝衞
著者情報
ジャーナル フリー

1990 年 5 巻 1 号 p. 85-88

詳細
抄録

乳房外Paget病の10例について広範囲切除時のマージンの幅および所属リンパ節郭清の成績を検討した。マージン幅を病巣の全周において3cm以上とった5例では切除断端に腫瘍細胞は認められなかった。マージン幅が病巣の全周または一部において3cm未満であった5例中4例では切除断端に腫瘍細胞が認められ, 拡大再切除または放射線療法を行なった。所属リンパ節郭清を施行した5例中2例 (いずれも浸潤癌) にリンパ節転移が認められた。

著者関連情報
© 日本皮膚悪性腫瘍学会
前の記事 次の記事
feedback
Top