Skin Cancer
Online ISSN : 1884-3549
Print ISSN : 0915-3535
ISSN-L : 0915-3535
DICを併発し急激な臨床経過をとった成人T細胞性白血病
西村 友宏中川 浩一小林 裕美濱田 稔夫
著者情報
ジャーナル フリー

1991 年 6 巻 1 号 p. 141-144

詳細
抄録

43歳, 男性。平成元年7月頃より四肢に無症候性の皮疹が出現し, 次第に全身に拡大した。約1ヵ月後に当科を受診したが, 末梢血検査にて異型リンパ球が11%に見られ, HTLV-1抗体は256倍を示した。皮疹部組織を用いたDNA assayにてHTLV-1 proviral DNAを証明し, ATLと診断した。ステロイド剤外用のみにて皮疹の出没を繰り返していたが, 突然, 急性転化し, 化学療法にも反応せず死亡した。

著者関連情報
© 日本皮膚悪性腫瘍学会
前の記事 次の記事
feedback
Top