Skin Cancer
Online ISSN : 1884-3549
Print ISSN : 0915-3535
ISSN-L : 0915-3535
インターフェロン-βの局所投与が奏効した口蓋悪性黒色腫の1例
田上 正土屋 梅佳曽田 忠雄
著者情報
ジャーナル フリー

1991 年 6 巻 1 号 p. 174-179

詳細
抄録

60歳, 女性。口蓋粘膜の広範な悪性黒色腫に対して, DTICの動注および放射線治療の併用療法を行ったが, 明らかな効果が認められなかったため, Interferon (IFN) -βの局所投与を行った。腫瘍辺縁部では著明な退色, 縮小が, 腫瘍中央部では壊死脱落が認められ, 切除標本の病理組織学的検索では,腫瘍細胞の核は濃縮変性あるいは消失していた。

著者関連情報
© 日本皮膚悪性腫瘍学会
前の記事 次の記事
feedback
Top