Skin Cancer
Online ISSN : 1884-3549
Print ISSN : 0915-3535
ISSN-L : 0915-3535
顕微蛍光測光法を用いた皮膚悪性腫瘍の細胞核DNA量の解析
大塚 藤男池 亨仁上田 純嗣石橋 康正大原 国章
著者情報
ジャーナル フリー

1991 年 6 巻 1 号 p. 31-35

詳細
抄録

DAPI-DNA顕微蛍光測光法により細胞核DNA量を測定した。細胞核DNA量が腫瘍の生物学的態度を鋭敏に反映しており, 悪性腫瘍の発達過程, 診断, 予後の推測に同法が有用であることを明らかにした。即ち, 汗孔角化症の腫瘍としての性格とともに, ボーエン病, 有棘細胞癌に至る過程の検索に, また悪性黒色腫とSpitz nevusの鑑別, 悪性黒色腫患者の予後推測に上記方法による細胞核DNA量測定が有用であった。

著者関連情報
© 日本皮膚悪性腫瘍学会
前の記事 次の記事
feedback
Top