Skin Cancer
Online ISSN : 1884-3549
Print ISSN : 0915-3535
ISSN-L : 0915-3535
肛門部基底細胞上皮腫の1例
寺師 浩人佐藤 政子倉田 荘太郎本多 朋仁高安 進柴田 興彦
著者情報
ジャーナル フリー

1991 年 6 巻 1 号 p. 70-73

詳細
抄録

69歳男性の肛門部基底細胞上皮腫の1例を報告した。肛門部7°~11°の方向に45mm×25mm, 高さ10mmの黒色腫瘤があり, 一部線状に肛門管へ浸潤し, 歯状線直上まで存在していた。生検にて基底細胞上皮腫の診断を得, 辺縁5mm離し, 脂肪織と外肛門括約筋を一部含めて切除後, V-Y advancement subcutaneous flapにて創を一期的に閉鎖した。術後排便良好。鑑別診断として, cloacogenic zone (移行帯) 由来の類基底細胞癌があげられる。

著者関連情報
© 日本皮膚悪性腫瘍学会
前の記事 次の記事
feedback
Top