皮膚の科学
Online ISSN : 1883-9614
Print ISSN : 1347-1813
ISSN-L : 1347-1813
症例
加水分解小麦含有石鹸の使用患者に生じた小麦依存性運動誘発アナフィラキシーの1例
菊澤 亜夕子田中 真実清水 秀樹福永 淳錦織 千佳子
著者情報
ジャーナル 認証あり

2011 年 10 巻 3 号 p. 203-208

詳細
抄録

45歳,女性。2009年5月より食後外出時に眼囲腫脹を繰り返し自覚した。2010年4月天ぷら摂取後外出し,顔面の腫脹が出現した。7月マフィン摂取後歩行しアナフィラキシー症状を来した。IgE-RAST では小麦,グルテン,ω5-グリアジンに陽性であった。アスピリン+小麦負荷によりアナフィラキシーが誘発された。病歴聴取により,約2年前から加水分解小麦含有石鹸を愛用していたことが判明した。加水分解小麦末のプリックテスト・パッチテストはともに陽性であり,即時型反応と遅延型反応が共存している可能性が示唆された。本症例は加水分解小麦含有石鹸の使用により経皮感作が成立し,小麦依存性運動誘発アナフィラキシーの発症につながったと推測した。(皮膚の科学,10: 203-208, 2011)

著者関連情報
© 2011 日本皮膚科学会大阪地方会・日本皮膚科学会京滋地方会
前の記事 次の記事
feedback
Top