皮膚の科学
Online ISSN : 1883-9614
Print ISSN : 1347-1813
ISSN-L : 1347-1813
研究
掻破音を利用した夜間掻破の客観的評価の試み
竹下 芳裕渡辺 千恵子相原 道子池澤 善郎
著者情報
キーワード: 痒み, 掻破音, 掻破行動
ジャーナル 認証あり

2012 年 11 巻 6 号 p. 528-531

詳細
抄録

掻破音を特異的に認識するソフトを使用して睡眠中の掻破の評価を試みた。アトピー性皮膚炎に伴う痒みから激しい夜間掻破行動が認められる患者の腕に集音マイクを装着し,IC レコーダーで夜間睡眠中の音を64分間録音した。この録音データを,短時間(2分)のデジタル音声データ (AVI 形式)32個に変換し,横浜国立大学環境情報研究院長尾研究室の協力で作成された掻破音声認識用ソフトウェアを用いて掻破音サンプルと比較し,2分間の音声データ中の掻破時間を算出した。その結果,睡眠中の掻破音による掻破時間の解析は,ビデオカメラ撮影および腕時計型加速度センサーの2種類の方法で掻破時間を数値化したものと,同等の結果が得られた。(皮膚の科学,11: 528-531, 2012)

著者関連情報
© 2012 日本皮膚科学会大阪地方会・日本皮膚科学会京滋地方会
前の記事 次の記事
feedback
Top