皮膚の科学
Online ISSN : 1883-9614
Print ISSN : 1347-1813
ISSN-L : 1347-1813
フォーラム
金管楽器奏者が接触口唇炎を発症した場合の皮膚科医の対処法
鶴田 大輔中山 秀夫大迫 順子石井 正光後藤 仁志兼藤 紀美子酒井 文子中西 元章
著者情報
ジャーナル 認証あり

2014 年 13 巻 2 号 p. 112-117

詳細
抄録

金管楽器奏者に金属アレルギーが生じた場合の対処法は金管楽器演奏の世界では知られているものの,皮膚科医に知られているとは言い難い。このため,本フォーラムで金管楽器演奏の世界で知られている対処法,金管楽器マウスピースの選択について詳述した。具体的には,1)マウスピースの材質を変更する,2)マウスピースの口唇,口唇周囲皮膚への接触面であるリムをスクリューチェンジする,3)マウスピースにイオンプレーティングを施すという3つの方法を記載した。また,代表的な2症例を提示した。(皮膚の科学,13: 112-117, 2014)

著者関連情報
© 2014 日本皮膚科学会大阪地方会・日本皮膚科学会京滋地方会
前の記事
feedback
Top