皮膚の科学
Online ISSN : 1883-9614
Print ISSN : 1347-1813
症例
ニューキノロン系抗菌剤による即時型アレルギーの3例
―交差反応についての検討―
神保 晴紀古松 茜福永 淳清水 秀樹錦織 千佳子山下 純史皿山 泰子原田 晋
著者情報
ジャーナル 認証あり

2014 年 13 巻 4 号 p. 278-284

詳細
抄録

ニューキノロン系抗菌剤による即時型アレルギーの3例を経験した。ニューキノロン系抗菌剤は構造式上,本環の母核が2環もしくは3環から成るものに大別される。症例1では2環系キノロンのシプロフロキサシンとモキシフロキサシンが,症例2では3環系キノロンのレボフロキサシンとパズフロキサシンが,症例3ではレボフロキサシンとその光学異性体を含むオフロキサシンが,それぞれ感作薬剤と交差反応を示した薬剤であった。抗原決定基は2環系キノロンでは1位側鎖のシクロプロピル基,3環系キノロンではピリドベンゾオキサジン環にあると考えた。同系のキノロン同士では交差反応が生じやすく,他系統間では起こりにくいと考えた。(皮膚の科学,13: 278-284, 2014)

著者関連情報
© 2014 日本皮膚科学会大阪地方会・日本皮膚科学会京滋地方会
前の記事 次の記事
feedback
Top