皮膚の科学
Online ISSN : 1883-9614
Print ISSN : 1347-1813
ISSN-L : 1347-1813
ステロイド薬の作用機序
平澤 典保
著者情報
ジャーナル 認証あり

2014 年 13 巻 Suppl.21 号 p. 15-20

詳細
抄録

アトピー性皮膚炎に対して優れた治療効果を示すステロイド薬は,重篤な副作用を誘発する場合もある。この副作用はグルココルチコイドホルモン作用に基づくものであり,完全には避けることはできない。ステロイド薬はグルココルチコイド受容体を介して,抗炎症蛋白の発現誘導,炎症性蛋白の発現抑制作用を示す。また,強い炎症反応はステロイド耐性を誘導することがある。副作用を抑えながら最大限の効果を得るためには,ステロイド薬の作用機序ならびにステロイド耐性機序を理解し,適正に使用することが必要である。(皮膚の科学,増21:15-20, 2014)

著者関連情報
© 2014 日本皮膚科学会大阪地方会・日本皮膚科学会京滋地方会
前の記事 次の記事
feedback
Top