皮膚の科学
Online ISSN : 1883-9614
Print ISSN : 1347-1813
使用試験
女性における男性型脱毛症患者に対する女性ホルモン含有育毛剤の使用試験
伊藤 泰介戸倉 新樹前島 英樹天羽 康之乾 重樹板見 智
著者情報
ジャーナル 認証あり

2016 年 15 巻 6 号 p. 502-512

詳細
抄録

女性における男性型脱毛症(Female pattern hair loss[FPHL])に対する外用医薬部外品は様々あるが,女性ホルモンに着目したものについての検討は少ない。我々は FPHL 患者に対するエチニルエストラジオールを有効成分とする育毛剤の安全性と有効性を評価した。30例の FPHL 患者を対象とし,育毛剤を頭皮に1日2回,24週間使用させた。結果,脱落例を除く22例中2例に副作用(そう痒,紅斑)が生じたが育毛剤の使用の中止により軽快した。24週間連用した20例では,臨床所見の「脱毛の程度」ならびに自覚症状の「抜け毛の程度」で高い改善傾向を認めた。また「抜け毛の量」の有意な減少が自覚症状では4週後から,アンケート評価(VAS)では8週後から確認され,臨床所見の「脱毛の程度」が12週後から有意に改善しており,有効性を早期から実感出来ることが示唆された。以上から,本育毛剤は軽症の FPHL 患者に対して使用可能であると考えられた。(皮膚の科学,15: 502-512, 2016)

著者関連情報
© 2016 日本皮膚科学会大阪地方会・日本皮膚科学会京滋地方会
前の記事
feedback
Top