皮膚の科学
Online ISSN : 1883-9614
Print ISSN : 1347-1813
ISSN-L : 1347-1813
症例
関節リウマチ症例に生じた脛骨前粘液水腫の1例
黒川 晃夫清原 忠彦草壁 秀成清金 公裕
著者情報
ジャーナル 認証あり

2005 年 4 巻 5 号 p. 457-461

詳細
抄録

61歳,女性。約20年前より関節リウマチを発症し,以後,近医で内服治療を受けていた。約4年前よりGraves病でチアマゾールの治療を受けていた。1年8ヵ月前より左下腿前面の外傷が治癒したところより硬毛が出現し,硬毛は徐々に拡大してきた。初診時,左下腿前面から左足関節部,右下腿前面,右外顆および右足背に,強い浸潤を伴う浮腫性隆起性局面が認められた。病理組織学的には膠原線維間には著明なヒアルロン酸の沈着が認められ,本症例の皮膚病変を脛骨前粘液水腫と診断した。脛骨前粘液水腫に関節リウマチが合併した報告例はなく,稀なケースと考えられた。

著者関連情報
© 2005 日本皮膚科学会大阪地方会・日本皮膚科学会京滋地方会
前の記事 次の記事
feedback
Top