皮膚の科学
Online ISSN : 1883-9614
Print ISSN : 1347-1813
ISSN-L : 1347-1813
使用試験
イオントフォレーシス法によるヒスタミン皮内投与に伴う皮膚反応に対する抗ヒスタミン薬の即効性の検討
山田 秀和柳下 晃一熊本 貴之澤本 学
著者情報
ジャーナル 認証あり

2005 年 4 巻 5 号 p. 488-491

詳細
抄録

抗アレルギー薬の有効性の判定に,ヒスタミン皮内反応に対する抑制試験をin vivoで行うことが有用であることが示されており,ベポタスチン,オロパタジン,フェキソフェナジンをもちいて,健康成人に対しイオンフォトレーシス法によるヒスタミン誘発皮膚反応抑制試験を行い比較検討した。ベポタスチン,オロパタジンは投与後70分において紅斑・膨疹ともで抑制効果が認められたのに対し,フェキソフェナジンはプラセボと同様の抑制効果しか認められないとの結果が得られた。抗アレルギー薬を投与する際には,各薬剤の効果発現時間も考慮する必要がある。

著者関連情報
© 2005 日本皮膚科学会大阪地方会・日本皮膚科学会京滋地方会
前の記事 次の記事
feedback
Top