皮膚の科学
Online ISSN : 1883-9614
Print ISSN : 1347-1813
症例
長期間にわたって寄生したマンソン孤虫症の1例
山中 隆嗣渡辺 愛子中塚 伸一庄田 裕紀子
著者情報
ジャーナル 認証あり

2010 年 9 巻 1 号 p. 82-86

詳細
抄録

58歳,男性。17年ほど前より右大腿部に移動性の皮下腫瘤を自覚し,夏には鶏卵大まで増大し,冬には縮小していた。その特異な症状より寄生虫感染を疑った。摘出前に超音波検査を施行し,摘出時には生きた虫体を観察することができた。病理組織学的には,脂肪組織内に好酸性の外被に覆われた粗な内部構造を有する虫体と,軽度の好酸球浸潤を伴う肉芽腫反応を認める結節が確認され,ELISA 法の結果から,17年という比較的長期間寄生したマンソン孤虫症と診断した。

著者関連情報
© 2010 日本皮膚科学会大阪地方会・日本皮膚科学会京滋地方会
前の記事 次の記事
feedback
Top