皮膚
Online ISSN : 1884-541X
Print ISSN : 0018-1390
ISSN-L : 0018-1390
女性の男性型脱毛症に対するペンタデカン酸グリセリド配合製剤の臨床効果
渡辺 靖横山 大三郎足立 邦明
著者情報
ジャーナル フリー

1995 年 37 巻 6 号 p. 800-806

詳細
抄録

ペンタデカン酸グリセリド2.5%, 酢酸トコフェロール0.2%を含む育毛剤LHOPW (薬用毛髪力フサージュ®) の女性の男性型脱毛症に対する有用度を評価するため, 6カ月間の臨床試験を実施した。その結果, 毛髪所見 (洗髪時等の抜け毛量の変化, 軟毛の発生, 軟毛から硬毛への変化) をもとにした改善度評価において, 79%(26例/33例) の有効率が示された。また, 毛髪外径の変化を測定した結果, 平均増加率は4.1%となり, 毛を太くする効果が認められた。副作用は1例も認められなかった。以上より, LHOPW製剤は女性の男性型脱毛症に対して有用度の高い製剤であることが示された。

著者関連情報
© 日本皮膚科学会大阪地方会
前の記事 次の記事
feedback
Top